« バセドウ病について(46) 2度目の再発・・・ 寛解は無理? | トップページ | 東京へ オリンピック決定後初出張 »

バセドウ病について(47) 【参考資料】 TSH受容体に対する自己抗体の産生原因

以下は先日購入した専門書にあった、バセドウ病の原因についての記述です。

 

「甲状腺疾患と自己抗体検査」 

第2章 甲状腺疾患の診断と治療
 A 甲状腺機能亢進症とTRAb
 a バセドウ病のメカニズム

 ・・・ なぜTSH受容体に対する刺激型の自己抗体ができるかであるが、その原因としてT細胞機能の異常が推定されている。CD4+ヘルパーT細胞はその産生するサイトカインにより、主としてIFN-γを産生するTh1とIL-4を産生するTh2に分けられ、お互いに抑制的に作用している。Th1はIL-12の存在下に、Th2はIL-4の影響下にナイーブT細胞から分化するが、それぞれIL-23とIFN-γの影響を抑制的に受ける。さらにそれらを調整している調節性T細胞としてCD25+T細胞の中にTGFβ1、IL-17を産生するFoxp3陽性のTregと、IL-17を産生するRORγT陽性のTh17がある。これらの細胞に対してIFN-γとIL-6、IL-27などが影響する。従来からのTh1/Th2バランスのみで自己免疫疾患を分類できるわけではなく、Th17/Tregのバランスも免疫学的寛容を保つことで自己免疫疾患の発症を調節している。バセドウ病では調節性T細胞の異常により、Th2に偏移しているとされるが、Th1/Th2は疾患の推移とともに変化しうる。

 TSH受容体に対する刺激型の自己抗体 : TRAb
 IFN : インターフェロン
 IL  : インターロイキン
 Th  : ヘルパーT細胞
 Th1 : T helper 1 cell
 Th2 : T helper 2 cell
 Treg : 調節性T細胞 または 制御性T細胞
 Foxp3 : 調節性T細胞が発現する転写因子の一つ
 RORγT : 核内オーファン受容体の一つ
 
 

 

 村上正巳 編集 「甲状腺疾患と自己抗体検査」 P14 
 2010年8月4日初版 診断と治療社

上記文章のほとんどは、T細胞による免疫機構の一般的な解説であり、バセドウ病に関する記述は冒頭の一部と最後の一文だけでした。

発病の原因は、免疫細胞の異常やアンバランスだと考えられていますが、免疫システムが複雑で相互に影響しあっているためその解明は未だ困難なようです。

尚、この本は全70ページで2,940円(税込)と少し割高です。

また、内容も甲状腺疾患の検査とその評価を解説したもので、

病気の原因についての記述は以上の部分だけのようです。

甲状腺疾患と自己抗体検査

 

関連する記事

 バセドウ病について(19) 花粉症との関係は・・・

 バセドウ病について(21) バセドウ病の増悪因子

 

« バセドウ病について(46) 2度目の再発・・・ 寛解は無理? | トップページ | 東京へ オリンピック決定後初出張 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« バセドウ病について(46) 2度目の再発・・・ 寛解は無理? | トップページ | 東京へ オリンピック決定後初出張 »