« バセドウ病について(26) 経過は順調 メルカゾールを週2錠に減量 | トップページ | バセドウ病について(29) 「バセドウ病治療ガイドライン 2011」が発売されます  »

バセドウ病について(27) TRAb,FT4が上昇 メルカゾールは1錠/日に増量になってしまいました

先週、3ヶ月振りの検査と診察を受けてきました。

今度はメルカゾールを服用中止になるかと期待していたのですが

結果は、逆。

 

血液検査の値は以下の通りでした。 カッコの数字は正常値です。

 TRAb 2.0 U/L  ( <1.0 ) 異常高

 FT4  1.92 ng/dL ( 0.82~1.63 ) 異常高

 TSH  0.011 μU/mL ( 0.38~4.31 ) 異常低

 

いつものグラフにすると↓

20110416_2

TRAb (TSHレセプター抗体)
  検出されないのが正常ですが、2.0となってしまいました。
  甲状腺機能を亢進させてしまう原因物質なので、これが増えているということは
  明らかに再発したといわざるを得ません。

FT4 (遊離サイロキシン・甲状腺ホルモン)
  TRAbの増加により、FT4も増加してしまっています。
  これによって、身体的な影響が現れてしまいます。

TSH (甲状腺刺激ホルモン)
  FT4が上昇したため、TSHは抑制されています。
  TSHは甲状腺ホルモンの分泌を促すホルモンですが、
  TSHが抑制されているのにFT4が上昇してしまっているのは
  TRAbの影響です。

 

そう言えば、最近、動悸を感じることがあるし、体温が上がって汗が出ることもあったので

もしかすると・・・と、思っていたのですが。 やっぱり・・・でした。

 

先生とのやりとり

先生 「数値が上昇していますね。 最近、仕事が変わったとか、環境の変化はなかったですか?」

私 「年度末で少し忙しかった程度ですが、花粉症の影響でしょうか?」

先生 「花粉症も免疫機構の乱れですから、影響は考えられますね。メルカゾールを1日1錠に増やしましょうか。」

 

明け方に見た夢の通りの展開。 正夢だったとは。

治療を開始して600日が経過したのですが、なかなか難しい病気だなあと改めて感じました。

 

< 関連記事 >

バセドウ病について(19) 花粉症との関係は・・・

 

« バセドウ病について(26) 経過は順調 メルカゾールを週2錠に減量 | トップページ | バセドウ病について(29) 「バセドウ病治療ガイドライン 2011」が発売されます  »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« バセドウ病について(26) 経過は順調 メルカゾールを週2錠に減量 | トップページ | バセドウ病について(29) 「バセドウ病治療ガイドライン 2011」が発売されます  »