« バセドウ病について(6) 私の症状の経過[2] 今度は甲状腺機能低下? | トップページ | バセドウ病について(8) 私の症状の経過[3] »

バセドウ病について(7) 明らかに徐脈の傾向が・・・

バセドウ病の治療に抗甲状腺薬『メルカゾール』の服用を開始して75日が経過しました。

ここ数週間は甲状腺ホルモンの数値が低い値を推移し『甲状腺機能低下症』になっているように感じます。

具体的な症状としては、

 ・ 疲れやすく、根気がなくなる。
 ・ 眠くなる。
 ・ 肌が乾燥する。
 ・ 脈拍が遅くなる。(徐脈)  等々です。

これらは、『メルカゾール』によって、甲状腺ホルモンの生成が抑制されているためだと思うのですが、私の若い担当医は薬の服用量を減らそうとしません。
これは正しいのか少し疑問に感じています。

甲状腺機能の指標として、3週間前から、血圧、脈拍、体温の記録を取り始めたのですが、特に脈拍の値が顕著に低下しています。

1

3週間前は、脈拍が50を切ることは無かったのですが、今週は測定した内の60%が50未満で、今日はこれまでの最低の43を記録しました。

『メルカゾール』の添付文書には、

 使用上の注意
 7.過量投与
  甲状腺腫、甲状腺機能低下があらわれることがある。
  

とあるし、

以下のサイト
医療研修推進財団 研修医診療マニュアル 第13章 内分泌 [3]甲状腺機能亢進症 
http://www.pmet.or.jp/manual1/con13_03.htm 
には、

 表4 バセドウ病の治療のポイント
  
 (3) 甲状腺機能低下症を早めに,そして軽く通過することが肝要.
   そのためには減量のタイミングを遅れないこと
   しかし減量が早すぎると再燃する.
  

とあります。

この他にも

すみれ病院 「甲状腺疾患、すべての悩みにお答えします 2-b. 甲状腺の薬の説明」
         情報提供: すみれ病院 院長 浜田昇、副院長 岡本泰之
http://www.thyroid.jp/pdf/2-b.pdf

 (4) 投与量の加減は?
  
 投与量が多すぎれば甲状腺ホルモンが低下しすぎて機能低下症の症状が出ますし、足らなければ亢進症の症状がとれません。それを甲状腺ホルモン合成の抑制で調節するところに少し難しい点があります。
 私は若い研修医に抗甲状腺薬の量の調節は少し遠目でやりなさいと言っています。すなわち、血液中のホルモンが完全に正常になってから、あるいは正常になってしばらくしてから投与量を減らしていこうとするとどうしても効きすぎてしまうことが多いからです。効きすぎますと当然機能低下症の症状が出ます。
 筋肉痛や筋肉のけいれん、体のむくみ、激しい体重の増加、治療を受けているのに甲状腺がどんどん大きくなるといった症状を心配してすみれ病院を受診される方がいます。
  

 

兵庫保険医新聞 2006年4月5日 「バセドウ病の治療と治療上の注意点」
           神戸市 中央区・隈病院内科部長 窪田 純久 先生講演
http://www.hhk.jp/sinbun/pdf/06/1486/148606.pdf

 バセドウ病治療上の問題点
  2)抗甲状腺剤治療における注意点

  
 抗甲状腺剤の減量はTSHではなくFT4の値を目安に行うことが肝要である。
 FT4が正常化したら減量を考える。
 その際、検査結果を数日以内に確認し、すぐ患者にフィードバックする必要がある
 遅れると甲状腺機能低下症に陥らせてしまうことがあるからである。
  

とあります。

大阪のすみれ病院、神戸の隈病院、どちらも甲状腺疾患の専門医療機関として日本甲状腺学会の「認定専門医施設」に登録されている病院です。 

症状の再燃を恐れて、減量のタイミングが遅れていないか・・・
このまま地方の総合病院の診察を受けるのではなく、専門医のいる病院に意見を求めるのがよいのかなと、考えているところです。

« バセドウ病について(6) 私の症状の経過[2] 今度は甲状腺機能低下? | トップページ | バセドウ病について(8) 私の症状の経過[3] »

コメント

はじめまして。
バセドウ病の記事の詳しさに感心して、参考にさせていただいてます。

私も同じような状態で「すみれクリニック」に予約を入れたところです。
一度専門医に診ていただけるなら安心かなと思っています。

tessen さま

コメントをいただきまして、ありがとうございます。
「感心して・・・」とおっしゃっていただくと恐縮いたします。
私が自分で調べた内容を書いているだけですので、間違っていることも多々あると思いますし・・・

tessen さんの 『いろいろ日記』 も拝見いたしました。
綺麗な写真がたくさん掲載されていて、特に色づかいが美しくて華やかな感じで
見ていて楽しくなりました。

これからも、私の経過を書いていこうと思っておりますので
また、お立ち寄りください。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« バセドウ病について(6) 私の症状の経過[2] 今度は甲状腺機能低下? | トップページ | バセドウ病について(8) 私の症状の経過[3] »