« バセドウ病について(3) 治療開始時に医師が行う説明 | トップページ | バセドウ病について(5) こんな医師はダメじゃない? »

バセドウ病について(4) 私の症状の経過

バセドウ病の治療を開始して1ヶ月が経過しました。
最近は症状もなくなり体調はほぼ正常のように感じますが、これまでの検査結果をまとめてみました。

血液検査結果の推移

記号/項目標準値治療
開始時
投薬開始
23日後
37日後
TSH
甲状腺刺激ホルモン
0.35~4.94    0.0    0.0   0.0
FT3
遊離トリヨードサイロニン
1.7~3.7 30以上    4.0   2.7
FT4
遊離サイロキシン
0.7~1.5    3.0    1.0   0.7
TRAb
TSHレセプター抗体
0.0~1.0    4.4    - (測定中)
TSAb
TSH刺激性レセプター抗体
  0~180    357    - (測定中)
Tg-Ab
抗サイログロブリン抗体
   0~0.3    0.4    -    -
TPO-Ab
抗甲状腺ペルオキシダーゼ抗体
  0~0.3   15.0    -    -
AST (GOT)   10~38    27    41    28
ALT (GPT)    6~38    43   107    61
体重     発病
4ヶ月前比
-5.8kg -3.7kg -3.3kg

表中の数字で、青文字は標準値未満(異常低値)赤文字は標準値超過(異常高値)です。

【TSH】
 「甲状腺刺激ホルモン(TSH)」は脳下垂体から分泌されて、甲状腺ホルモンを出すように甲状腺を刺激(命令)するホルモンですがバセドウ病では甲状腺刺激ホルモンが「0.0」になります。
バセドウ病は甲状腺ホルモンが多すぎる病気なので一見「逆」のようですが、これがバセドウ病の本質です。
バセドウ病は自己免疫疾患の一つで、自分の免疫が甲状腺を攻撃する抗体を生産し、甲状腺はこの攻撃を甲状腺刺激ホルモンによる刺激と間違えて、甲状腺ホルモンを生成してしまいます。
そのため甲状腺ホルモンの血中濃度が上昇するので、脳下垂体はホルモン量は十分にあると判断して甲状腺刺激ホルモンの分泌を抑制するのです。
TSHが0.0なのに甲状腺ホルモンが多くなるというのがバセドウ病の特徴の一つです。
別の見方をすると、脳下垂体は正常に機能しているともいえます。

【FT3,FT4】
 FT3、FT4はどちらも「甲状腺ホルモン」です。
バセドウ病はこれらの値が極めて高くなることで色々な症状がでます。
症状の原因はこららが高いことによるといえます。
私の場合、治療開始時はFT3が30以上、FT4が正常値の2倍という高値でした。
投薬開始23日後には、薬が効いてきてFT3は正常値より少し高い程度、FT4は正常値に戻りました。

しかし、TSHが0のままですから、これらの甲状腺ホルモンは、脳下垂体からの指令で正常に分泌されているのではなく、自己免疫によって刺激されることによる分泌だと分かります。
つまり、薬によって症状はなくなっても、病気の原因は依然と残っているという状態だということです。
それから、血中ホルモン濃度 (FT3,FT4) が正常になっても末端組織中のホルモン濃度はなかなか下がらないので、数値が正常になってからでも甲状腺機能亢進症が現れることがあります。

【TRAb,TSAb】
 これがバセドウ病の原因である「TSH受容体抗体」です。
自分の免疫の異常により甲状腺を攻撃してしまう物質(抗体)を作ってしまっているのです。
この検査は病院でできないので外注の検査会社に依頼されていて結果が出るのにしばらくかかります。
この値が正常に戻れば、薬を止めても再発しないかもしれません。

【AST(GOT), ALT(GPT)】
 これは肝機能障害の確認のために測定していますが、治療開始時に既に高くなっています。
バセドウ病で肝機能が悪くなることがあるようで、治療前の異常はこれによるものだと思います。
一方、投薬開始23日後には、更に高くなっていますが、これは薬の副作用だと思われます。
その後、薬の量を6錠から4錠に減らしたので、肝機能も正常化の傾向が見られます。

これらの他に、重大な副作用(無顆粒球症)の検査のために「白血球数」は必ず確認します。 

-----------------------

関連記事
バセドウ病と診断されました・・・」 (2009.9.7)
バセドウ病について(2) 治療初期に飲む薬の量はFT4で決めるようです」 (2009.9.8)
バセドウ病について(3) 治療開始時に医師が行う説明」 (2009.9.10)

« バセドウ病について(3) 治療開始時に医師が行う説明 | トップページ | バセドウ病について(5) こんな医師はダメじゃない? »

コメント

症状が治まって、
表の赤字も少なくなりよかったです。

薬の副作用がこわいので、
TRAb,TSAbが正常値になってくれれば
うれしいですね。

この表のわかりやすさがセンスですね。
記事とは関係ないところで、勉強になりますcoldsweats01

表の書き方を褒めてもらってうれしいです。coldsweats01
ありがとう。

次の検査は4週間後で
それまで今回のTRAb,TSAbの結果が分からないので
ちょっと気になっています。

まあ、今後1年半か2年は定期的に血液検査を
しないといけないため
気長にこの病気と付き合っていきます。wink

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« バセドウ病について(3) 治療開始時に医師が行う説明 | トップページ | バセドウ病について(5) こんな医師はダメじゃない? »