陸のコハクチョウ そのほか・・・ EF2XⅡのテスト

EF400mm に EF1.4XⅢ をつけて鳥を撮っているのですが

もう少しアップしたいと思い、中古の EF2XⅡ を買っちゃいました。

 

陸に上がったコハクチョウ

Img_6646_b

朝、夕はびわ湖や近くのビオトープで休んでいますが

昼間は田んぼに上がってお食事です。

 

 

シロサギ

Img_6182_b

これは EF2XⅡ の後ろに EF1.4XⅢ を付けて、強引に 2.8X 。

ちなみに 1.4X の後ろに 2X は付けられませ。 レンズが干渉してしまいますので。

 

カモ

Img_6702_b

 

これは EF2XⅡのみ。

逆光だけど何とか撮れました。

 

手持ちのレンズでは、使えるものが EF400mm F5.6L しかないため

エクステンダーを使うと、オートフォーカスも使えないし

もともと手ブレ補正も無いので

高感度、高速シャッター、ライブビュー、マニュアルフォーカス で、しのいでいます・・・

 

でも、合成焦点距離が

 400×2(エクステンダー)×1.6(APS-C)=1280 (F11)

禁断のダブルエクステンダーだと

 400×2(エクステンダー)×1.4(エクステンダー)×1.6(APS-C)=1790 (F15)

になるのは、数々のデメリットを超える利点です。

 

明るい昼間、三脚を使えば、なんとかなるかなというのが

今回のテストの印象でした。

 

ところで、いつも撮影に行くところには

鳥好きのおじさんたちがいっぱいいて

写真を撮っていると

800mm以上はあろうかという巨大レンズを装着した人から

 「サカツラガンが来ているそうですけど見つかりましたか?」

とか

もっと強者は

単に

 「いましたか?」

と話しかけられます・・・^^;

 

場の雰囲気もあって

 「えっ何がですか???」

とも言えず、

 「分からないんですよぉ」

なんて曖昧な返事に終始していました。

にわか鳥撮りには、どれが何かさっぱりなので

そういうときは、

場所を変えるふりをして少しずつ強者の集団から逃げています・・・^^;;;

 

 

中にはコンデジで撮影している人もいて

そういう人は

 「そのレンズ何ミリですか?」

というイノセントな質問を受けたりもます。

 「400mmに2倍のテレコンを付けています。」

と答えると

 「800mmだといいかもね」

なんて返してくれます。

 

のどかな休日・・・

 

鳥の勉強をしようかな。

 

コハクチョウ 今シーズン初撮り

3連休の最終日、

雨かと思ったら午後少し晴れてきたので

20日ほど前に飛来したコハクチョウを撮りに行きました。

 

Img_5958_b

 

夕暮れ前のビオトープには4羽ほどしかいませんでした。

 

冷たい北風が強くて手ブレを押さえるのが大変だったので

ISOを犠牲にしてシャッタースピードを高めに設定。

 

今日の風は木枯らし1号だったらしい。

これから寒くなるなぁ。

 

秋はコスモス

春はあぼの。 夏は夜。

秋はコスモス・・・

 

Sdim0428_b

これはピンクのコスモス。

 

Sdim0439_b

白いコスモスも。

 

DP2xでマクロはツライ。

一眼と比べると、当然軽くて小さくて、

そのくせセンサーが大きいのは良いのだけど。

割り切って 5D2 を持って行く方が得策かなぁ。

 

赤外線フィルターを使ってみた・・・

ふとした興味から、風景写真に赤外線フィルターを使ってみました。

購入したのは、 KENKO PRO1D R-72。

720nmよりも長い波長の赤から赤外線を透過させるフィルターです。

 

テストにびわ湖の風景を撮影してみました。

 

Img_7724_b_red


撮影したままだと、やはり赤く写ります。

 

これを、Lightroom で白黒現像して、多少色を付けてみると次のようになりました。

Img_7724_b

 

普通に可視光で撮影したのがこれ。

 

Img_7728_b

 

うーん。どうなんだろう。

この使い方で合っているのか、よく分かりません。

 

樹木を撮影すると、白く写るそうなので

次は、順光で木の多い写真を撮ってみようと思っています。

 

Kenko カメラ用フィルター PRO1D R-72 52mm モノクロ撮影用 325209

 

オオヒシクイ

ずいぶん久しぶりに 5D2 を持ち出しました。

そろそろ、鳥撮りの季節。

 

Img_7593_b

 

Img_7660_b

 

これは オオヒシクイ

大きいですけど、これでも カモ の仲間です。

コハクチョウ と同じか少しだけ小さいくらいの大きさ。

ハクチョウ も カモ科 ですけどね。

 

今日はエクステンダーを忘れていってしまいました。

たまの撮影は失敗がツキモノですね。

 

秋ですね。

つい、この前まで暑かったのに。

 

Sdim0415s


お風邪をお召しになられませぬように。

 

バセドウ病について(49) FT4が正常化・・・

先日、定期検査に行ってきました。

結果は順調で、FT4は正常化していました。

20130928
但し、FT3は少しだけオーバー、TSHは0でした。

 

この前まで、すっかり正常化したつもりでいたのですが

厳密にいうと、まだ異常値があるので、

ときどき体調が乱れてもしかたないのかなと

改めて感じました。

 

先生は、「薬が良く効いていますね。」と仰っていらっしゃいましたが

今回もアイソトープ治療という選択肢も提示されました。

薬が良く効くので、暫くは服薬で継続してみたいのですがとお伝えして、

薬による調整を続けることになりました。

今回は、0.5錠減量して、1日1錠と2錠を交互に服用です。

偶数日に2錠、奇数日に1錠。

覚えやすいといえば覚えやすいのですが、

毎朝、今日は何日と確認する日が続いています。

 

東京へ オリンピック決定後初出張

今日は東京へ出張。

品川 → お台場 → 新宿 → 立川 → 東京 と

あちこち、うろうろ。

 

Img_3894_b
 

さまよえる異邦人です。

 

バセドウ病について(47) 【参考資料】 TSH受容体に対する自己抗体の産生原因

以下は先日購入した専門書にあった、バセドウ病の原因についての記述です。

 

「甲状腺疾患と自己抗体検査」 

第2章 甲状腺疾患の診断と治療
 A 甲状腺機能亢進症とTRAb
 a バセドウ病のメカニズム

 ・・・ なぜTSH受容体に対する刺激型の自己抗体ができるかであるが、その原因としてT細胞機能の異常が推定されている。CD4+ヘルパーT細胞はその産生するサイトカインにより、主としてIFN-γを産生するTh1とIL-4を産生するTh2に分けられ、お互いに抑制的に作用している。Th1はIL-12の存在下に、Th2はIL-4の影響下にナイーブT細胞から分化するが、それぞれIL-23とIFN-γの影響を抑制的に受ける。さらにそれらを調整している調節性T細胞としてCD25+T細胞の中にTGFβ1、IL-17を産生するFoxp3陽性のTregと、IL-17を産生するRORγT陽性のTh17がある。これらの細胞に対してIFN-γとIL-6、IL-27などが影響する。従来からのTh1/Th2バランスのみで自己免疫疾患を分類できるわけではなく、Th17/Tregのバランスも免疫学的寛容を保つことで自己免疫疾患の発症を調節している。バセドウ病では調節性T細胞の異常により、Th2に偏移しているとされるが、Th1/Th2は疾患の推移とともに変化しうる。

 TSH受容体に対する刺激型の自己抗体 : TRAb
 IFN : インターフェロン
 IL  : インターロイキン
 Th  : ヘルパーT細胞
 Th1 : T helper 1 cell
 Th2 : T helper 2 cell
 Treg : 調節性T細胞 または 制御性T細胞
 Foxp3 : 調節性T細胞が発現する転写因子の一つ
 RORγT : 核内オーファン受容体の一つ
 
 

 

 村上正巳 編集 「甲状腺疾患と自己抗体検査」 P14 
 2010年8月4日初版 診断と治療社

上記文章のほとんどは、T細胞による免疫機構の一般的な解説であり、バセドウ病に関する記述は冒頭の一部と最後の一文だけでした。

発病の原因は、免疫細胞の異常やアンバランスだと考えられていますが、免疫システムが複雑で相互に影響しあっているためその解明は未だ困難なようです。

尚、この本は全70ページで2,940円(税込)と少し割高です。

また、内容も甲状腺疾患の検査とその評価を解説したもので、

病気の原因についての記述は以上の部分だけのようです。

甲状腺疾患と自己抗体検査

 

関連する記事

 バセドウ病について(19) 花粉症との関係は・・・

 バセドウ病について(21) バセドウ病の増悪因子

 

バセドウ病について(46) 2度目の再発・・・ 寛解は無理?

再発してしまいました。

2度目です。

また、夏前に発症です。

 

思い当たることといえば・・・

 ・ 仕事はかなり忙しかった。

 ・ 更に、組織変更、人事異動が重なり、仕事の進め方が少なからず変わった。

 ・ 今年の花粉症の季節は、毎年服用しているアレジオンを飲まなかった。
  (目薬と点鼻薬とマスクは使用しましたが。)

 ・ そして、引き金を引いたのは、普段やらない ゴルフ に付き合って

  グリーン上を走り回ったことかも。

  最近、運動不足だったので、かなり体力を消耗しました。

 

今回の再発は、はっきりと自覚症状がありました。

いつもの症状です。

 ・ 手の震え

 ・ 暑がり

 ・ 多汗

 ・ 体重減少

 ・ 疲労感

 ・ 夜、眠れない

 ・ 朝、起きられない

 ・ 声が出にくいときがある

 ・ やる気が出ない

 ・ 考えがまとまらない

 

そして、これはどの本にも載っていないのですが、

喉、特に甲状腺のあたり?に、ときどき「ピリッ」とした、かすかで鋭い痛みを

感じる瞬間がありました。

これは自分だけの感覚かもしれないのですが、

これを感じたときは怪しい。

単なる気のせいと思われるでしょうが、

刺激を受けている感じなのです。

 

それから、今から思うと、ゴルフの翌日から数日間

全身筋肉痛のような症状が現れたのですが、

よく知っている筋肉痛と痛みの感覚が違いました。

体の中心部から鈍い痛みが全身に広がる感じで

夜は眠れずに、寝返りばかり打っていました。

特に、体幹部の痛みが強かったです。

変なスイングをしたことが主要因でしょうが

あのとき、症状を悪化させる何かが

体の中で変化していたのかも・・・

以上のような自覚症状が、いろいろと現れてきたので、

これは怪しいと思い、次の診察日まで待たずに受診したら、

FT4 が 4.3 まで上昇していました。

TRAb は 5.1 。

再発確定。

前回の再発から2年。

2年毎に再発しています。

 

メルカゾールは 3錠 に増量となりました。

これが3週間前のことです。

 

そして、先日の検査では、

FT4 は 2.1 に半減しました。

メルカゾールはいつも確実に効いてくれます。

体調もかなり楽になってきましたが、

症状が無くなったわけではなく、どれも軽くなってきたという感じです。

効き過ぎないように、1週間後には2錠に減量する計画です。

 

う~ん。

なかなか、つきあうのが難しい病気です。

これは、体質と考えるべきかもと感じています。

 

「バセドウ病治療ガイドライン2011」によれば、

隔日1錠投与で6ヶ月間甲状腺機能が正常であることを確認したあとに

服用を中止した場合の2年後の寛解率は 80% だそうです。

1ヶ月前、このデータと自分の状態を照らし合わせて、

約1年前から隔日1錠になっていて

検査結果も正常が続いているので

そろそろ薬を止められるかなと思っていた矢先だったのですが、

どうやら寛解できない 20% のグループなのかもしれません。

 

世の中には例外はつきものと

今は、ある意味納得しています。

 

検査結果のグラフは以下の通りです。

20130727


先生は、「アイソトープ治療という選択もありますよ。」と言われました。

まあ、この結果であれば、その選択を患者に提案するのはごく当たり前ですね。

今後を予測すると・・・

 

メルカゾールを飲み続ける場合。

  永久にメルカゾールは飲み続けなくてはいけないでしょう。

  でも、たまに再発することがあります。

  2年後かもしれません。

  そのため、できるだけ早く異変に気付いて検査する必要があります。

  そして、薬を増量して、1~2ヶ月ほど我慢すれば、また通常にもどれるでしょう。

  つまり、ときどき襲ってくるあの症状にこれからも付き合っていくという判断です。

 

そして、アイソトープ治療をした場合。

  これは、未知の領域です。

  「ガイドライン」の説明や、治療を受けた方の「体験談」を読むと、

  いずれ「甲状腺機能低下症」になることは確実なようです。

  治療の目標が、「低下症にすること」ですから。

  その場合は「チラーヂン」で甲状腺ホルモンを補って正常化させます。

  そうなれば永久に「チラーヂン」を服用することになります。

  中には、ホルモンの数値をうまく調整できない人もいるようです。

  どの程度の割合でそうなるのかは、調べきれていません・・・

  誰か教えてくれないかな。

  低下症は、治療開始の頃にメルカゾールの減量が遅くて

  陥ってしまったことがあります。

  あれはあれで辛いのですが、亢進症のような激しさはありませんね。

  どちらかというと、ずしんと重い感じ。

 

とりあえず、現在はメルカゾールで調整中です。

そして、いつものようにうまく効いてきているので

しばらくは、このまま服用を続けることになるでしょう。

次の再発までは、まだしばらく時間があるだろうから

(おそらく2年程度?)

それまでに、ゆっくりと考えることにします。

 

いやいや、

考えすぎないことかもね。

 

バセドウ病について(45) これまで400日以上正常値をキープ!

昨年12月以来、3ヶ月ぶりにバセドウ病の診察に行ってきました。

花粉症の季節も体調に問題なく乗り切れて

今回受けた血液検査の結果は、全部正常でした。

2012年2月にすべての数値が正常値になってから、

これで400日以上キープできていました。

 

いつものグラフは以下のとおりです。

 

20130413 

今回もFT3は測定しませんでした。

 

先生は、

「順調ですね。 これなら次の診察で問題なければ薬を止めらるでしょう。

 ただし、そのまま止め続けられない人もいますが。」

とのことでした。

 

薬は、これまでと変わらず週に2錠を服用することになりました。

 

次の診察は夏、

待ち遠しいです。

 

 

マーメイド in 新幹線

今日は大阪でバセドウ病の診察を受ける日なのに

早朝に地震が発生して、在来線が運休に。

診察が終わる頃には運転を再開すると思って、

動いていた新幹線で出掛けたのですが

帰る頃になっても、在来線は運休のまま。

仕方がないので帰りも新幹線。

これ以外には帰る方法がないので・・・

旅のお供はスターバックスのマーメイドに頼みました。

 

 

新幹線は混んでいなくて、マーメイドも心なしかうれしそう。

Img_6569a2

 

新大阪を出発。 マーメイドは窓際へ。

Img_6558a2

 

京都に着く前の風景。 明るい日差しにグリーンが映えています。

Img_6573a2

 

京都駅を過ぎるとトンネルです。 色白がくっきり、きれいです。

Img_6580a2

 

ちなみに、今日の診察もまったく問題なし。

よかったです。

花粉の季節を2シーズン乗り切りました。

 

いつもの数値グラフは近いうちに掲載します・・・

 

バセドウ病について(43) 半年以上正常値をキープ!

先月のことですが、定期健診に行ってきました。

最近は、体調に問題もないため安心して行ったのですが、

検査結果はすべて正常値で安定していました。

結果は以下の通り、治療開始から1125日目の値です。

 

20120908

首周りの触診の後、

先生は、「順調ですね。でも、薬の減量は慎重にいきましょう。」と言われて

今回も、隔日1錠を継続することになりました。

 

以前、バセドウ病について(34) 抗甲状腺薬1錠隔日投与法と寛解率 でも書いたように

隔日1錠を1年半以上継続したときには投薬中止2年後の寛解率が92.3%に達しているので、

これを目指すのであれば、あと1年3ヶ月は飲み続ける方が良さそうです。

気長に付き合うしかないです。

 

ところで、隔日1錠は飲み忘れしやすいので困りものです。

「メルカゾール2.5mg」を作ってもらえると、毎日服用にできて便利かも。

とりあえず、スマホの「お薬ろぐ Free」で記録するようになってから

飲み忘れは無くなりました。

このアプリ、便利なのですが、ユーザーインターフェースが少し使いにくいので

慣れが必要かな。 でも、お世話になっています。 m(_ _)m

 

 

 

 

バセドウ病について(41) すべての数値が正常化! メルカゾールは1錠/日に減量

バセドウ病の診察に、3ヶ月ぶりに行ってきました。

結果はすべての数値が正常化!

前回上昇傾向が見られた TRAb は <1.0 になって、

TSH も正常値まで上昇。

すべての数値が正常範囲に入ったのは1年ぶりです。

以下はいつものグラフです。 (2012.5.13 グラフの日付がずれていたので修正しました。)

20120225  

 

今回から、メルカゾールは1錠/日になりました。 0.5錠の減量です。

でも、去年も花粉の季節に数値が上昇したので

これから気を付けなくては。

関連は不明ですが、怪しいものはできるだけ避けてみようと思います。

 

 

バセドウ病について(40) FT3,FT4 は安定、TSH も検出、でも TRAb は上昇中?

先日、2ヶ月ぶりの診察に行ってきました。

FT3、FT4 は正常値で安定していました。

それに TSH が極僅か(0.019μU/mL)ですが検出されるようになりました。

ゆっくりとですが、正常化に向かっているようです。

いつもの検査結果の推移グラフは以下のとおりです。

太い水色の縦線が今回の検査結果のところです。

2_20111113

今回は TRAb は検査していません。

横軸は治療開始からの経過日数ですが、800日以上が経過しました。

少し気になるのは、前回(9月)の TRAb (TRAb_human) が上昇傾向にあることです。

速報値(TRAb) は低下傾向なのに。

測定している物質が少し異なるのかも。

 

どうやら、からだのどこかでは、TRAb が生産され増加しているけど、

薬で FT3、FT4 の上昇を抑制して正常値を維持しているという状態のようです。

 

寛解はまだまだ先のようです。

このような状況なので、メルカゾールの服用量は少しだけの減量で

奇数日に1錠、偶数日に2錠、平均1.5錠/日となりました。

0.2錠/日だけの減量です。 

バセドウ病について(39) ようやくFT3,FT4が正常化 TRAbはたぶん高め?

先日、2ヶ月ぶりの診察に行ってきました。

血液検査の結果はFT3,FT4が正常化!

でも、TRAbの速報値はやや低下したものの、まだ異常高の範囲です。

たぶん、確定値(TRAb_human)も高めだと思われます。→ コレ で推定しました。

TSHもまだ0のままです。

前回はFT3,FT4が正常化してからTSHの数値が上昇するまでに1~2ヶ月程度要していました。

たぶん、今回もその程度かかるのでしょう。

20110910

 

先生に 心肥大のこと を話したら、心配要らないでしょうとのこと。

それ以来、少し体が楽になりました。 心因性だったのかも。

 

薬は週に2回(月・金)だけ1錠/日、残りの5日は今まで通り2錠/日に変更になりました。

平均、1.7錠/日。

0.3錠だけ減量です。

 

今度は、ゆっくり減量して寛解を目指そう!

バセドウ病について(37) TRAbが上昇傾向

先日の診察の際の血液検査で結果が出ていなかったTRAbが、今日、郵送されてきました。

値は、「1.7」

前回(5月16日)は「1.4」だったので、上昇傾向にあります。

なかなか、難しいですね。

この値を、いつものグラフに書き込んでみました。

201107162

TRAbの速報値が上昇していたので気になっていたのですが、やっぱり確定値も上昇していました。

 

ところで、この速報値と確定値に何か関係がありそうだったので、

試しに片対数グラフにしてみると、かなりいい感じになりました。

Photo

もし、この傾向が正しければ、速報値からもかなりの精度で確定値が推定できそうです。

バセドウ病について(36) FT4は微減  服用量は2錠を継続

先週末に5週間ぶりの診察に行ってきました。

結果は、FT4が2.0から1.8へ微減。

先生は、今までの検査結果を見て、

「安定していたときが1.2ぐらいですから、今日の値は1.5倍ですね。」と

言われていました。

触診では、「30gくらいかな」とも。

通常の甲状腺の重量は15~20gですから、やっぱりちょっと腫れているようです。

FT4が正常化していなかったため、

メルカゾールは2錠/日を継続することになりました。

 

20110716

TRAbの速報値はどうも高めに出るようです。

確定値じゃないと判断できませんね。

バセドウ病について(34) 抗甲状腺薬1錠隔日投与法と寛解率

先日購入した「バセドウ病治療ガイドライン 2011 」に

抗甲状腺薬の1錠隔日投与法を継続した期間と、投薬中止2年後の寛解率について

興味深いデータが記載されていました。

これは、抗甲状腺薬の投与量を徐々に減量して1錠隔日投与にまでもっていって

この最小維持量を継続した期間と寛解率の関係が次の通りだったということです。

最少量維持期間
(1錠隔日投与期間)
投薬中止2年後の
寛解率
症例数
6ヵ月以内
63.2%
49
7~12ヵ月
65.8%
38
13~18ヵ月
71.4%
19ヵ月以上
92.3%
13

19ヵ月(1年半超)以上服用した症例では、実に92.3%が寛解したようです。

症例数は13と、まだまだ多くはありませんが、今後データが増えることを期待します。

 

このデータの元文献は、↓これです。 この Fig.1 を見てください。

日本内分泌学会 Endocrine Journal Vol.58 (2011) No.2 95-100

Drug discontinuation after treatment with minimum maintenance dose of an antithyroid drug in Graves' disease: a retrospective study on effects of treatment duration with minimum maintenance dose on lasting remission.

著者は、すみれクリニック、すみれ病院の先生方です。

 

気長に服用すれば、寛解の可能性が高くなるようですね。

 

バセドウ病治療ガイドライン 2011

バセドウ病について(32) TSHが正常でFT4が高い場合

バセドウ病に関する血液検査において、FT3、FT4が高い場合は、TSHは抑制され検出されないレベルにまで低下しているのが通常です。

しかし、FT3、FT4が高いのに、TSHが正常か又は高い場合があるようです。

こういうケースについて調べてみたら、『甲状腺疾患の疾病管理テキスト』に記載がありました。

 

甲状腺疾患の疾病管理テキスト

【送料無料】甲状腺疾患の疾病管理テキスト

監修:宮内昭、編集:網野信行、発行:メディカルレビュー社

第1章 甲状腺疾患診断の基礎知識
 実際の診断
 3.専門医に紹介すべき稀な例

 (1)TSH正常~高値、FT4高値

 HAMA(ヒト抗マウスIgG自己抗体)が存在すれば、TSHは高値を示す。
 またT4抗体(T4測定系に干渉するような物質)が存在すれば、FT4も高値となる場合がある。
 その他、元々コンプライアンス不良であったのが、検査前に急に多めに甲状腺ホルモン薬を飲み始めた場合にも起こり得る。
 これらが否定的なら、TSH不適切分泌症候群(SITSH)と診断される。
 この中にはTSH産生腫瘍甲状腺ホルモン不応症が含まれる。
 家族歴の聴取、TRH負荷試験、遺伝子(TRβ1)検査、下垂体MRI検査などを含めた精査が必要である。
 

つまり、FT4が高いのに、いつまでたってもTSHが正常値か高値で、

 「HAMA」がない。
 「T4抗体」もない。 (通常、この2つは検査段階で除外されるようです。)
 甲状腺ホルモン薬(チラーヂンS)を服用していない。

という場合には、

TSH不適切分泌症候群(SITSH)が疑われるので、精密検査が必要なようです。

 

TSH不適切分泌症候群(SITSH)についての参考ページ

 TSH不適切分泌症候群に関するコメント (田尻クリニック)
 SITSH(TSH不適切分泌症候群) ガセビアの沼
 TSH産生下垂体腫瘍の診断の手引き (日本間脳下垂体腫瘍学会)
 下垂体性TSH分泌異常症(公費対象) 難病情報センター
 甲状腺ホルモン不応症 難病情報センター
 甲状腺ホルモン不応症の患者さんのために

«バセドウ病について(31) [メモ] バセドウ病の原因物質 TRAb が生産される原因について